ドメーヌ・フィリップ・アリエ

 

ワイナリー名 : Domaine Philippe Alliet 
原産地呼称 : AOC Chinon
所有者    : Philippe Alliet    
総畑面積   : 16ha  

ワイナリー
フランスの中央部から大西洋まで、約1,000kmを流れるロワール河。その流域は古くから「フランスの庭」と呼ばれ、美しい古城に囲まれ、バラエティーに富んだワインを産することで有名です。

その広大なロワール地方のほぼ真ん中に、シノン地区があります。ドメーヌ・フィリップ・アリエは、そのシノン地区の中でも、特にぶどう栽培に好適なクラヴァン村に位置しています。石灰質の多い土壌で、山の斜面には洞窟が多く、中にはその洞窟を倉庫として利用したり、現代風にアレンジして住居にしている人もいます。

産地の特徴
大西洋側の海洋性気候と、内陸側の大陸性気候の両方を受けた温暖な気候です。ぶどう畑は、ロワール河とその支流ヴィエンヌ川に挟まれた斜面上にあり、栽培に最適なミクロクリマに恵まれています。

挑戦の歴史
オーナーのフィリップさんは1978年、おじいさんを手伝い始め、1985年には正式に後を任されるようになりました。ここから高品質ワインを目指した改善への挑戦がスタートします。

まず、除草剤などの化学物質の散布を一切やめて、自然農法に切り替えました。そして、収穫量を抑えて1粒に旨味を凝縮させるため、厳しい剪定を行ったり、ぶどうの生育中も芽かきや摘芯をするなど、コツコツと丹念な農作業を続けました。もちろん収穫も、すべて手摘みで行いました。

この頃、1年に23回ずつボルドーのグラン・クリュ畑を見て回り、熟成技術を見習い、構成のよりしっかりとしたワインを造ろうと、さらなる挑戦を続けました。何度も失敗を繰り返しながら、ついに1993年、樽熟成に耐えうるしっかりとしたワインができたのです。

非常に手間暇がかかるのですが、このような細かな作業を積み重ねていくことで、区画ごとの微妙な土壌の違いが生かされ、それぞれ特徴を持ったワインが出来上がります。

カベルネ・フランのワインは、よくピーマンのような青臭さがあると言われますが、イャニックさんのワインからはそんな印象はありません。それは、ぶどうの樹齢が高いことと、しっかり完熟するのを待って収穫するからです。そのおかげで、果実味がとても豊かで、味わい深いワインになっています。
その後も、ものすごい斜面で作業が難しすぎると放置されていた荒地「コトー・ド・ノワレ」を奥さんと2人で開墾し、素晴らしいワインを生み出しました。

フランスで最北の赤ワイン産地にありながら、カベルネ・フラン100%で見事なワインを造り出しています。野菜っぽさなどみじんも感じさせない豊かな果実味と緻密さは、ほかに類を見ない域に達していると言っても、過言ではありません。


丁寧に耕された畑

熟成庫

ワイナリー全景